12月 « 2012年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

男を上げる店~伊達男が集う街

2012年 01月29日 15:11 (日)

「北陸のSHOP」と聞いて、どんな想像をしますか?

・活気がなさそう
・SHOPの数が少なさそう
・品揃えが悪そう

何だか悪いイメージが思い浮かびませんでしたか?

まぁ実際、SHOPが立ち並ぶ商店街に人は歩いていましせんし、
数にしても満足出来る数ではありません。

しかし、伊達男を目指している自分にとって、北陸は
とても魅力的な場所なんです。

その理由は‥‥

富山にはアルバーノさんがあるからです。

ボリオリとはここで出会ったんですね。

もちろんボリオリの他に
ガイオラ

こ~んなブランドや

NEC_0160-1.jpg

あ~んなブランドを

多数取り揃えてます。

しかし、この店のすごい所は

何と言ってもボリオリの数です。

ジャケット、特にスーツの品揃えは

「日本一」

といってもいいくらいです。

ボリオリと言えばドーヴァー、SOHO、ワイト、
そしてCOATが有名ですが、アルバーノさんではF、H、S、さらにはEモデル
といったスーツを取り揃えています

なので雑誌や他店のHPでは載っていない、

こんなボリオリあったんだ

という発見や感動が、いつ行っても味わえます。

特にスーツは着てみないとその良さがわからない
事が多いので

アルバーノに訪れる機会があれば

迷わず

ボリオリのスーツを着る事をオススメします。

さらに嬉しいことに

アルバーノさんではサイズ展開が幅広く

42~50サイズまで取り揃えています。

自分は42or44サイズなので

他店にはないボリオリのマイサイズがあるなんて

とても魅力を感じませんか?

他にも富山にはクラシック好きにはたまらない

SHOPが沢山あります。

それはまた別の機会に紹介しますね。

そんな魅力的な富山のSHOP

アルバーノで


ボリオリSモデル~最後のサルトリア~


男を上げてみませんか?

ボリオリSモデル サイズ42
パンツは伊達男のこだわりで
ウエスト、ヒップを出して
膝~裾を詰めてます。




1cmで世界は変わる~伊達男のこだわり~

2012年 01月27日 22:34 (金)

社会人であれば誰もが一着は持っているスーツ。

仕事で着る人もいれば、冠婚葬祭ぐらいでしか着ない人様々だと思います。

僕はと言うと、仕事では着ないんですが通勤はスーツという決まり事があります。

なので、せっかくだからお気に入りで買ったボリオリ、ガイオラのスーツを着ればいいんでしょうけど、

仕事場と家の往復、しかも車での移動でわざわざ着るのもどうかな?

と思って通勤時には昔買った、当時はお気に入りで着ていたスーツを通勤用にしていました。

しかし、一度いいスーツを着てしまうと通勤時とはいえ物足りなくなってくるんですよね。

そんな時に

「お直し」

という言葉を耳にして、ダメ元覚悟で挑戦してみることにしました。

ちなみに、お直し前の画像がないので一言いっておきますが

一般的に見れば自分が言うほど周りは気にならないレベルなのかも知れません。

伊達男はこだわるので(笑)

1 ジャケットの着丈が長い(73cmくらい)

2 若干身幅を詰めたい

3 2クッションくらいあるパンツ丈がもたついて見える

4 膝~裾にかけてのシルエットが野暮ったく見える

以上の事を伝えて直してもらったのがこちら

NEC_0155-1-1.jpg

NEC_0156-1-1.jpg

どうでしょうか?

正直パンツに関してはあまり期待していなかったのですが

いいシルエットじゃないですか?

このパンツ膝~裾幅を1cm詰めて、ノークッションにしただけなんですよ。

ちなみにジャケットは店長さんに相談したところ、
このスーツだと身幅を詰めると

バランスが悪くなるということで着丈のみ直しました。

セットアップで着るとこんな感じです。


NEC_0145-2.jpg

もう7年くらい前に購入したスーツですが

これなら通勤スタイルとしては十分です。

ちなみにお直し代金は全部で6千円でした。

たった1cmの事ですが、世界が変わった瞬間でした。





パンツの神様~白い伊達男~

2012年 01月26日 22:26 (木)

前回のボリオリCOATジャケットとの出会いによって伊達男への一歩を歩き始めたわけですが


いざジャケットをきて鏡の前に立つと、何か違和感が‥???

そう

ジャケットとパンツのテイストが異なりすぎて似合わないんです。

元々大人の男の香りがするジャケットに

腰ばき、ブーツカットのパンツを
合わせていたのでバランスが悪い(汗)

そんな訳で実は購入したものの、あまり出番がなかったのですが

そんなジャケットを今や伊達男の必須アイテムにしてくれたのがこちら


NEC_0151-1.jpg

ルイジボレリ ラグジュアリーヴィンテージの白パンです。

このパンツ

ストレッチが効いて、生地も薄過ぎず厚すぎずで穿きやすく通年いけます。

ヒップから裾にかけてのラインがとても綺麗で脚を長く見せてくれます。

NEC_0150-1.jpg


と、シルエットが綺麗なのはもちろんなんですが、

「白パン」

というのがポイントです。初めて白パンを穿いた時、その感動がバツグンに今までと違いました。

白パンは汚れが目立つし、正直格好つけすぎかな?

って思って敬遠しがちなんですが

だからこそ、穿いていると周りから「おっ」と思わせるインパクトがあります。

流行とか、恥ずかしいとか気にせず

格好いいと思ったら着ればいいと思います。

そんな自分にとって、白パンはまさに‥

NEC_0153-1.jpg


パンツの神様です。



ボリオリ~COATモデル~ 伊達男への一歩

2012年 01月25日 15:59 (水)

本当は前回のブログで載せる予定でしたが、画像のupがうまく出来ず今回に至りました。

こちらのボリオリはCOATモデル,洗いのかかった独特な風合いが特徴のジャケットです。

サイズは42 身長171cm 体重60kgの自分が着るとこんな感じになります。

NEC_0158-2.jpg

NEC_0156-1.jpg


NEC_0155-1.jpg



ジャケット:ボリオリ COAT サイズ42

インナー : woolPower ジップニットサイズXS

パンツ : GTAウールカーゴ サイズ44

インナー、パンツの紹介はまた別の機会にします。
このジャケットの気にいっている点は、

1 シワになりにくいので旅行や車での移動といった場面でもガンガン使える。

2 ジャケットのエリを立たせて着てもやり過ぎ感が出ない。

3 身体にフィットし、綺麗なラインが出る為、自分を大きく見せてくれる気がします(笑)。


と良いことばかりのボリオリですが、その価格も伊達男でした(笑)。


しか~し、運のいいことに購入した店では直輸入+セール価格だった為、安く購入する事が出来ました。

まだまだ話は尽きませんが今回はこの辺で終わります。

イタリアンクロージング~ボリオリとの出会い~

2012年 01月23日 22:03 (月)


今から数年前、たまたま入った一軒のショップ。

店内の半分がスーツで埋め尽くされ、雰囲気はどこか古臭い。そんな印象でした。

当時の自分は、スーツを着ることがほとんどなかく、軽く中を見て外に出ようと思っていました。

そんな時、店長さんから

「いいジャケットがあるんだけど着てみない?」と勧められ、余り乗り気ではなかったのですが着てみることにしました。

そのジャケットに袖を通し、鏡を見た瞬間驚きました。

「何か俺、格好いいかも」単純にそう思いました。


正面から見た肩のライン、サイドから見た胸の厚み、後ろから見たウエストのしぼり、360度どこから見ても格好いいんです。


これが今や雑誌で見ない日はないジャケットの代名詞、ボリオリとの出会いでした。


「イタリアの服は着たときに最も美しく見える」店長が言っていました。


購入してから3~4年経過していますがいい味出してます。


このボリオリとの出会いが自分を伊達男へと変えるきっかけでした。

伊達男を目指して

2012年 01月22日 20:23 (日)

インポートを中心に自分の服装、スタイル、購入品について紹介していきたいと思います。