02月 « 2013年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

女性という生き物は・・・・

2013年 03月27日 11:00 (水)

いきなりですが、この世の中には男と女という2つの性別しかありません

2つしかない性別の女性に限定してしまうのはちょっと違うのですが(男性もそうだったりするので)身につける洋服に関しては安カワ等と言った言葉に代表されるファッションを楽しんでいても、財布や鞄はGUCCIやらヴィトン等のブランドの物を持つ傾向があるように感じます。

伊達男の嫁さんもユニクロだったり、ZARAといった洋服を好む一方で、最近はようやくインコやスリードッツといった服も購入?買わせる?ようになりましたが、いまだにブランド名を覚えれてないという情況なのですが(・・;)財布はヴィトンだったりします。

前置きが長くなりましたが、つまり何が言いたいかというと

女性という生き物は1つの洋服に高いお金をかけれなくても財布に関しては高いお金を出せるということです。

ということで今回は、この間自宅に届いたコチラを紹介したいと思います!

DCIM6692-1.jpg

フェリージ3005-WPの財布です


通常コロコロだとかアコーディオン財布と呼ばれているものです


DCIM6731-1.jpg

フェリージのカタログでは型押しクロコの革で紹介されています。

これの色違いが今月号のメンズグラブで紹介されていますね

ちなみに伊達男の嫁さんが購入した革はこんな感じで

DCIM6688-1.jpg


アルペンヨーロピアンカーフ(WP)と呼ばれるもので、革の表面に細かな型押しがしてあります

DCIM6734-1.jpg

普段着る服にはあまりこだわりをみせない嫁さんも財布に限っては3005シリーズのアルペンヨーロピアンカーフの白がいいと言い、アルバーノさんを始め地元のフェリージ取扱店等に問い合わせフェリージセレクション広島店でようやく見つけることができました(ちなみにこの作業も全て伊達男が行っております(・・;))


そんな紆余曲折?を経て購入したフェリージですが、確かにいいですね♪

このモデル自体はアルバーノさんで確認していたため、使い勝手等はわかっていましたが、アルペンヨーロピアンカーフの細かな型押しの白が、大人の女性が持つ財布に相応しい感じがしました

そんな訳でここからはこのフェリージ3005-WPの詳細を見ていきたいと思います

まずは外観からです


DCIM6674-1.jpg

サイドから


DCIM6676-1.jpg

後ろから

DCIM6677-1.jpg

後ろはスナップボタンで留められています

DCIM6671-1.jpg

正面の隅には見えにくいですがゴが型押ししてあります

このロゴは革の種類によってははっきり見えます

次に財布内部です

DCIM6683-1.jpg

お札が入るくらいのポケットが5つあり、ここにカードやレシートといった物を入れます

伊達男だったらレシート入れに2つのポケットを使い分け、ポイントカードを忘れてレシートに判子を押してもらった物と分けて使いたいですね

海外旅行なんかに行く際は、日本円と海外紙幣と分けて使うと良いかも知れませんね


フラップ上には左右にそれぞれ

DCIM6678-1.jpg

モデル名の3005と

DCIM6679-1.jpg


メイドインイタリーの刻印が入っており、カードを挟むことも出来ます


DCIM6687-1.jpg


サイドから見るとこんな感じになっており、コレがアコーディオン財布と言われる由縁だと思います


DCIM6685-1.jpg

小銭入れもマチがあり、小銭を入れると財布がパンパンになるという心配もなさそうです。

ちなみに財布のお値段は36750円でした

革の種類が変わっても値段は変わらないのは嬉しいですね

まぁ安くはないですが、使う年数を考えればいい買い物だと思います(別に伊達男が買ってあげた訳でもないですしね(;^_^A)

次回のテーマですが、今回のテーマとは反対の男性という生き物は・・・・というテーマで記事にしたいと思います!

春はもうそこまできてますが・・・・

2013年 03月25日 06:30 (月)

3月も終わりに近付き、東京では桜も咲き始め暖かくなってきたとは言うものの、まだまだ風が冷たく春物の準備はしつつも、まだまだ冬物に頼っている、そんな今日この頃です。

そんな訳で今回は今更ですか!?感がアリアリなこのアイテムを紹介したいと思います。

DCIM6397-1.jpg

ヤコブコーエンの

DCIM6378-1.jpg

J688ネイビーウールパンツです!

今更ですか!?と思った方も多々いらっしゃると思いますが、北陸ではまだまだこの温もりが必要なんです(笑)

こちらのパンツですが、2012年秋冬モデルになります。

購入したのは富山の名店TM&SONSさんです。

プロパーだと、べらぼうに高いのですが(;^_^Aセール時期に部長の粋なはからいで他のパンツブランドの価格と同じくらいで購入することができました♪

モデルは先程言った688モデルで、サイズは30です。

ヤコブは価格は高いのですがモデルが安定しているのでサイズ感で悩む必要がないので、買い手からするとありがたいですね。

2012年モデルは裏地がブラウンチェックになります。

DCIM6381-1.jpg

ちなみにTMさんにあった2011年モデルのウールパンツの裏地は別の色のチェックでした。

ドレスパンツですが、ポケットは5ポケットで

DCIM6384-2.jpg

裾はダブル幅4.5cmに仕上げてもらいました♪


DCIM6376-1.jpg

手持ちのジャケットと合わせるとこんな感じですね



DCIM6360-1.jpg

ジャケット:ボリオリCOAT
シャツ:フィナモレセルジオ
パンツ:ヤコブ688

ボリオリ!フィナモレ!ヤコブ!のド定番三点セット!!

この組合せはもはやテッパンですね(笑)

COATジャケットも生地によってはドレスにも対応してくれるのでありがたいですね~(^^)

こんな感じで、今の時期はしっかり冬物に頼って春の準備を進めたいと思います♪



チェックの次はコレ!フィナモレロンストシャツ

2013年 03月22日 09:10 (金)

今回は前回に引き続きチェックの次にくる柄を勝手に予測し、紹介したいと思います。

それがコチラ!

DCIM6193-1.jpg


フィナモレセルジオの、紺×白のロンドンストライプシャツです!

最近はあまり見掛けないのですが、このフィナモレのロンストシャツは伊達男が初めて購入したフィナモレなんですよね~。

かれこれ5年以上前のフィナモレなので、若干今のフィナモレに比べるとサイズ感が緩いです

1枚で着るとこんな感じです

DCIM6170-1.jpg

37を着用していますが、胸囲から胴廻りがややゆとりがあるのがわかると思います

とは言え、そこまで気になる程でもなく(当時はコレが物凄く細く感じたのもあり)暖かくなってきたことですし、久しぶりに手持ちのジャケットやパンツに合わせて着て見ました♪



DCIM6067-1.jpg

ジャケット:ボリオリCOAT
パンツ:ルイジボレリ


DCIM6097-1.jpg

ジャケット:ボリオリCOAT
パンツ:シビリア


DCIM6087-1.jpg

ジャケット:ボリオリCOAT
パンツ:シビリア


DCIM6251-1.jpg

ジャケット:ボリオリCCOAT
パンツ:シビリア

DCIM6117-1.jpg

スーツ:ボリオリCOATスーツ

一見自己主張の強そうなロンストですが、結構あわせやすいというのが正直な感想です

ロンストならジャケットを脱いでも自己主張してくれそうなので、この春夏はガンガン着ていきたいと思います!

靴もやっぱりイタリアンが好き!

2013年 03月20日 08:30 (水)

今回は春に向け購入したアイテムを紹介したいと思います!

それがコチラ!

DCIM5853-1.jpg


ブレコスのウイングチップシューズです!

ジャケットやスーツに比べるとどうしても優先順位が下がってしまい、後回しにしがちだったのですがついに購入しちゃいました♪

とは言うものの、やはり靴にかける金額はなるべく抑えたいのが本音で候補としては、ザンピエーレ・ディメッラ・フェランテ・ルカボッシ辺りを狙っていたのですが、どれも近くに取り扱いがなく、試着することができないため二の足を踏んでいたのですが、服も靴も、やっぱり見て履いて購入したいという想いがあり、クリスピンさてこ手頃なシューズを探していたところ、このブレコスに出会いました。

デザインはメイドインイタリーらしくセクシーなフォルムで

DCIM5828-1.jpg

アッパーの革もいい革使ってます。

DCIM5820-1.jpg

スエードとのコンビがカジュアル感を出してくれるので伊達男の普段のスタイルにもハマってくれます。


中敷きが全敷きなのも嬉しいですね!

DCIM5849-1.jpg

ヒールカーブも伊達男の踵をいい感じに包み込んでくれます!


DCIM5821-1.jpg

また靴底レザーソールにゴム張りがしてあり


DCIM5813-1.jpg

マッケイ製法で作られており

DCIM5815-1.jpg

履いた時の履き心地の良さは本当に驚きました!



DCIM5808-1.jpg

シューズ袋は各々についており、これで27000円はかなりCPが高いと思われます!


実際に合わせて見ると


DCIM5857-1.jpg

こんな感じでドレスパンツには勿論、スエード素材のコンビ具合が伊達男のカジュアルスタイルにもすんなりハマってくれそうです♪


次回は特にテーマを設けず更新したいと思います。

チェックの次はコレ!センチネルのネイビードットシャツ

2013年 03月14日 22:44 (木)


今回はチェックに変わる新たな柄ということで、こちらを紹介したいと思います!

DCIM5883-1.jpg

イレブンティ!?ではありません(笑)

センチネルのネイビードットシャツです(ハンガーだけ借りました(;^_^A)

ここ1~2年のチェックの勢いが強く、シャツは勿論のことジャケット・パンツ・そしてスーツにもチェック柄を見ない日はないくらいになりました。

確かにチェックのジャケットやスーツなんかを格好よく着こなしているブロガーの皆さんやモデルさんを見ると伊達男もチェックが欲しくなるんですが、そろそろ次なる柄が来てもいいのかな?なんて思ったりもします。

という訳で今回はドット柄に注目したいと思います!

ドット自体単品で見ると、なんだか子供服、もしくは女の子の服みたいに感じますが今月号のLEONにも掲載されているように

DCIM5929-1.jpg


これがなかなかセクシーなんですよね~(^^)

で、実際にこのシャツを着てみると


DCIM5345-3.jpg

ネイビーシャツのお水感がドットで中和され、単体でもいやらしくないです♪

さらにジャケットを羽織れば

DCIM5309-1.jpg

ジャケット:ボリオリCOAT
パンツ:シビリア

この色の組合せは伊達男お気に入りです!

飲み会なんか行くときはジャケットに匂いがつくので

DCIM5064-1.jpg

1mileアイテムのユニクロのダウンに合わせて行きます♪

ユニクロのダウンもこんな風にボタンで留めれたらいいんですけどね。

シャツの場合、見える面積は控えめな方が良いかもしれないですね。


という訳で今回はこんな感じです。

次回はぼちぼち春物の紹介をしていきたいと思います!

春の装いにグレンプリンスのストールを!

2013年 03月12日 15:00 (火)

3月に入り、暖かい日が続いたと思ったら急に冷え込んだりと、三十路越えの伊達男にとって、この寒暖の差は辛いものがあります。


こんな時期はファッションも微妙な所で、春を意識しすぎると寒く、かといって今更コートは着れないといった感じです。


で、そんな時に役立つのがこちら!

DCIM5961-1.jpg


グレンプリンスのウールストールです。

ウール素材なので本来は秋冬物なのですが、気温がそこそこなのに、まだ風が冷たいこの季節にはこれくらい軽く巻けるストールが重宝するんです♪

色はこんな感じのブルーが入ったグレーなので

DCIM5884-1.jpg

秋口というより春先に取り入れたくなるようなカラーです。

クセのない色なのでいつもの春スタイルにも合わせやすく

DCIM5914-1.jpg

ジャケット:ボリオリCOAT
カットソー:ノリコイケ
デニム:シビリア

緩めに巻いてボリュームを出して合わせるのが気分ですね♪

勿論春のスーツスタイルに合わせても


DCIM5877-1.jpg


スーツ:ガイオラ
シャツ:センチネル

いつものスーツスタイルにも、ちょっと人と差をつけれるんじゃないでしょうか?

グレンプリンスは価格もお手頃(伊達男購入のストールで5000円程度)なので、春の装いにはまだちょっと寒い、そんな時にこれくらいの軽めのものが1つあってもいいのかな?なんて思いました。

次回のテーマですが、チェックに変わる今季伊達男オススメの柄を記事にしたいと思います!

ネットでは買えない!イタリアメイドの隠れた名靴達

2013年 03月10日 15:00 (日)

今回は名店クリスピンさんのHPでは買えないイタリアメイドの名靴を紹介したいと思います!

靴の知識に乏しい伊達男でもクリスピンさんで取り扱っている靴を間近でみて、履いてみればいい靴だということはわかります。


ただジャケットやスーツにお金をかけれてもなかなか靴にまでは・・・・

と言うのが正直な所です。

そんな訳で今回は3万円アンダーで購入できるイタリアメイドの靴を紹介したいと思います!

まずはこちらから

DCIM5685-1.jpg

manila(マニラ)のドライビングシューズです!

マニラは1994年ガゼルタで設立されたシューズメーカーです。

モカシン製法のスリッポンシューズを専門に、日本ではドライビングシューズが有名です。

クリスピンさんの他にはグローバーさんでも取り扱っています。

続いてこちら!

DCIM5686-1.jpg

D.LEPORI(ダニエルレポリ)のピットローファーです!

ダニエルレポリは1956年トスカーナにて創業したファクトリー(会社)です。

1枚革で仕上げたモカシンシューズにこだわり続けるメーカーです。

ハンドメイドが自慢の履き心地の良さに定評があります。

そして最後はこちら

DCIM5690-1.jpg

Brecos(ブレコス)のドレスシューズです。

ブレコスは様々なブランドのOEM生産をするイタリアのファクトリーメーカーオリジナルブランドです。

オロビアンコの靴もコチラのファクトリーが手掛けており、マッケイ製法で、履いた時の履き心地は本当に気持ち良く、靴にこだわる人も納得の仕上がりです!

ソールはレザーにラバーがプラスされており、滑る心配もありません。

特に画像にあるスエードとのコンビ靴はスーツやジャケットとの相性もよく伊達男お気に入りです!

それと番外編でもう1つ

DCIM5693-2.jpg


伊達男も持っているプリマモーダのシューズと、クリスピンさんオリジナルコインローファーです。

こちらは何と50%OFFとなっており、サイズが合えば大変お買得です。

こんな感じで、クリスピンさんにはまだまだ名靴が沢山あります。

3月には春夏物の靴も入荷するということなので、ネット通販もいいのですが実際に見て履いて靴を選ぶ楽しみを感じて下さい!


富山の靴の名店クリスピン!

2013年 03月07日 07:44 (木)

今回は富山の名店紹介第2弾!ということでコチラのお店を紹介したいと思います!




DCIM5433-1.jpg


富山市総曲輪通りにある、富山の靴の名店クリスピンさんです。

クリスピンさんは1952年創業の靴専門店です。

店内には


DCIM5445-1.jpg

オールデン!

DCIM5439-1.jpg


クロケット&ジョーンズ


DCIM5437-1.jpg

サントーニ


DCIM5438-1.jpg

ヤンコー等々(ヤンコーは直輸入なので他に比べて安いです)


世界のそうそうたる名靴がこれでもかというくらい豊富に揃っています!

また、クラシックとは異なりますがレッドウイングの品揃えも豊富で


DCIM5443-1.jpg

これだけのレッドウイングの取扱いがあるのは日本では11店舗しかないそうです

さらにコーナーをよ~く見ると

DCIM5444-1.jpg

こんなレッドウイング解剖図があります


また、クリスピンさんではオリジナルの靴を取り扱っており

DCIM5436-1.jpg

各種ブランドのOEMを手掛ける○○フェットさんがクリスピンさんのオリジナル靴を作っています。

そのため値段もお手頃なんです♪

DCIM5447-1.jpg

他にも店内には

DCIM5441-1.jpg

パラブーツや

DCIM5450-2.jpg

マグアーニ


DCIM5448-1.jpg


サントーニのスニーカーや


DCIM5449-1.jpg

50%OFFのダナー等々!

名店の名前に相応しい品揃えです!


これらはクリスピンさんのHPで購入することが出来ますよ♪

しかし、これだけではないんです!

クリスピンさんではHPには掲載されてない、格好いいけど価格もお手頃なイタリアメイドの靴も取り扱っているんです。

次回はそんなお手頃で格好いい、イタリアメイドの靴を紹介したいと思います!

富山の名店!海の見える眼鏡屋FOCUS

2013年 03月03日 17:00 (日)

今回は富山の名店紹介シリーズと題しまして、高岡市の伏木地区にある眼鏡屋のFOUCUSさんを紹介したいと思います。

場所は越乃庭というスーパー銭湯の敷地内にあり

DCIM5215-1.jpg

外観だけ見るととても眼鏡屋さんがあるとは思えないのですが

DCIM5216-1.jpg

階段を上がると


DCIM5217-1.jpg

それらしい入口があり


DCIM5218-1.jpg

店内に入ると


DCIM4919-1.jpg


オシャレな内装になっており、 店内はBGMやラジオが流れ


DCIM4918-1.jpg

このカウンターで店長と世間話をしながら海を眺め、のんびりした時間を過ごすことができます。

店内の商品構成は一律二万円の眼鏡から、ブランド物のサングラスまで揃えており中でも伊達男がお気に入りなのは、店長が買い付けてくる

DCIM5211-1.jpg


60~70年代のサングラスなんです。

しかも当時の値段で販売しているので、コレクターや眼鏡に詳しい方が見たらびっくりすると思います!

そんな訳でFOUCUSさんでも、アルバーノ同様勝手にサングラスをかけてその姿を見て楽しんでいます(笑)

その中で伊達男が気に入ったサングラスをいくつか紹介したいと思います。

まずはこちら

DCIM5202-1.jpg

トムフォードの

DCIM5200-1.jpg

サングラスです!

スナップLEONなんかを見ると、イタリアオヤジがかけているサングラスは大抵、ペルソールかレイバンかトムフォードですね。

その中で特に伊達男が気に入ったのが右上のサングラスで、かけてみるとこんな感じです

DCIM5208-2.jpg



でかレンズが小顔効果抜群ですね(^^)


それともうひとつがこちらのサングラス!




DCIM5194-1.jpg

店長が買い付けてくる


DCIM5199-1.jpg


ドイツ製のフレームが珍しいサングラスです!

ドイツ製と言えばカザールが有名ですがコチラは何のブランドでしょうか?

知ってる人は知ってるらしいブランドだそうです。

伊達男も検索してみましたが、ちょっとよくわかりませんでした。

こちらのサングラスはティアドロップ型の硝子レンズで鏡面仕上げになっています。

かけるとこんな感じ


DCIM5190-2.jpg

伊達男の顔の形にしっくりきますね!

鏡面レンズも悪そな感じに見えていい感じです♪

こんな感じで面白いサングラスが沢山ある眼鏡屋FOUCUS!

面白いので、是非行ってみて下さい!

きっと面白い発見がありますから。

次回のテーマですが、富山の靴の名店について記事にしたいと思います!

この襟のロールを見よ!~MOSCAのボタンダウンシャツ~

2013年 03月02日 06:30 (土)

今回はアルバーノ営業主任がオススメしていたあのシャツについての紹介です!

それがコチラ!

DCIM5223-2.jpg


P1080103 (480x360)

MOSCAのボタンダウンシャツです。

どうもボタンダウンというと、ネット通販でよく見かけるドゥエボットーニの装飾の激しいシャツのイメージが強く
今までボタンダウンは食わず嫌いでした。

ところがこのシャツを着た瞬間にその襟のロールの美しさに一発でやられ、ボタンダウンに対する見方が180度かわりました(笑)

購入したのは冬のセール時期で、元々そこまで高くないシャツだったのですが、よりお得に手に入れることができました♪

厚手のオックスフォード生地で、秋冬物扱いなのですが、シャツですからほぼオールシーズンで着ることができます!

色も白なのでどんな色のアイテムでも合わせることができます。

今の時期ならこんな感じで

DCIM4777-1.jpg

スーツ:ボリオリCOATスーツ

DCIM4757-1.jpg

ジレ:マリオムスカリエッロ


DCIM4787-1.jpg

ジレ:センチネル

サイズもタイトで着丈も短いので、タックアウトしてデニムと合わせて着てもいいと思います!

今回はカジュアルに合わせましたがもちろんスーツや、ジャケットに合わせてもOKです!

まだサックスの38は残っていたので気になる方は問い合わせて見てください。

ちなみにサックスのシャツは白ほど地厚ではないので、コチラはオールシーズン使えます。

本当はこの服装で阪急メンズ館ナイトに行く予定だったのですが、日があわず残念な結果になりました(~_~;)


悔しいので月曜日に、またアルバーノへ行って他の新作も試着したいと思います!

次回のテーマですがアルバーノ、TM&SONSさん以外の富山の名店について記事にしたいと思います!