01月 « 2016年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

下着と言うには勿体ない!ジャケットスタイルを格段に引き立てる、ルジェッロのシャツ!

2016年 02月29日 20:51 (月)


ブログをご覧の皆さん今晩は!

今回はジャケットスタイルを格段に引き立ててくれるシャツブランドを紹介したいと思います!

それがコチラ!

201602270425447cd.jpg


20160227043020c06.jpg


vincenzodiruggiero(ルジェッロ)のシャツです!

国内ではあまり取扱いはないのですが、Vincenzo di Ruggero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)は1920年創業のナポリ最古のシャツファクトリーで、ハンド工程を取り入れながら、心地よいフィッティングを提供してくれるシャツファクトリーです。

多いアイテムではハンド工程が16工程、少ない場合でも5工程がハンド仕上げとなっており、アルバーノさんで取り扱っているのは5工程のタイプだと聞いています。

紙タグを開いてみると、洒落感はありませんが、手作業で行っている感が良く伝わります(笑)

201602291607523fe.jpg

着用した感じはハンド仕上げだから!という訳ではないですが、肩周りのストレスはなく、フワフワした!?着心地を感じます。

201602270423568bb.jpg

勿論生地も良いので着たときのオーラ感!?もハンパありません(笑)

20160227043150fbf.jpg


201602270433065d9.jpg


イタリアではシャツは下着なので、シャツ1枚にはならないとか言われてますが、コチラのシャツは下着と呼ぶには勿体ない仕上がりになっています。

勿論コチラにジャケットを羽織れば

2016022704365452c.jpg

20160227042519755.jpg

20160227043404893.jpg


ジャケット:ガイオラ

ジャケットスタイルを格段に引き立ててくれます♪

以前はカジュアルシャツはフィナモレ!が伊達男の中の定番でしたが、流石にインポートとは言え30000円を超えるのは考えものです。

そんな中このルジェッロはハンド工程が入ってるにも関わらず、フィナモレやバルバと同価格帯であることを考えればこのシャツが、いかに良心的なプライスかが分かると思います!

ちなみにコチラもセール対象となっていますので、サイズがあれば即試し買いをしてみるのも有り!な選択だと思います!

今季はデペトリロに注目せよ!

2016年 02月19日 21:53 (金)


ブログをご覧の皆さん今晩は!

今回はアルバーノさんに入荷した、DePetorilloの新作をアルバーノさんより早く(笑)紹介したいと思います!

今回アルバーノさんでは2つのモデルが入荷しており、1つは定番のナポリモデル。

そしてもう1つがマリーナモデルです!

どちらも格好良いジャケットには変わりはないのですが、それぞれに特徴がありまして今回はそちらを解説?したいと思います。

まずはコチラの画像をご覧下さい。


20160217120126720.png

今回アルバーノさんで入荷した2つのモデルを着比べてみました。

みなさんから見て左側がナポリモデル!
右側がマリーナモデルです!

ナポリモデルは定番のもので、副資材が入った構築的なシルエットのジャケットになります。
肩周りや胸周りなんかを見て頂くとわかりやすいかなと思います!

そして右側のマリーナモデルは先ほどのナポリモデルと同様に構築的なシルエットはそのままに、副資材を省いたアンコン仕立てのモデルになります。

単体で見るとよく分からないかもしれませんが、こうして2つを見比べると僕の拙い解説でもわかるのではないかと思います。

ちなみに下の画像は生地のアップになりますが、定番の生地からアルバーノさんらしい一癖も二癖もある生地で沢山入荷しています!

ちなみに今月号のMEN'SExに大きく掲載されており、知名度も一気に上がっていくのではないかと思います。


201602171201100fb.png

個人的には今回のナポリモデルは、昔ペトリロがGAiOLA
ネームで展開されていた頃のナポリモデルと非常によく似ておりかなり気になっています。

で、その伊達男お気に入りのナポリモデルを色々な角度で見てみるとこんな感じ


20160217151314987.png

オーダーメードがその人にあった仕立てになるのが良いところであれば、この既製服は着る人をその服の持つコンセプト通りに見せてくれる、そんな風に感じてしまいます。

2016021715134778e.png

ちなみに前々回紹介した、ティトアレグレットのジャケットとも比較してみるとのぼりの高さは同じですがペトリロのたくましい色気に対し、ティトは柔らかい上品さがあります!

こちらに関しても好みや体型によって合う合わないがあるので、そういった選択肢が増えることによって発生する嬉しい悩みを楽しむのもあっても良いのではないかと思います(笑)

最後にこの日のスタイリングです!


20160217165535e3e.png

アウター:フェリージ
ジャケット:ティトアレグレット
シャツ:ルジェッロ
パンツ:ジェルマーノ

フェリージのコートは長島のアウトレットで購入したもので、春物ではありますが車移動が殆どなので、この時期でもこれくらいの軽量アウターで十分なくらいです。

次回はジャケットスタイルを格上げする、オススメのシャツブランドを紹介したいと思います!


インポートファッションに取り入れたい、ミリタリースタイル!

2016年 02月16日 12:21 (火)


ブログをご覧の皆さんこんにちは!

すいません、最近はInstagramばかりでこちらの方はご無沙汰でした😰

ネタはあるのですが、ついつい楽なInstagramに流れています。

さて、本日のテーマはミリタリースタイルです。

最近はインポートファッションに限らず、ミリタリースタイルを取り入れた服装を雑誌でも見かけるようなかなりました。

この間(と言ってもかなり前ですが)雑誌Gainerさんでもミリタリースタイルを取り入れたスタイルを提案されていまさした。

そんなスタイルに刺激され、今回紹介するのがコチラ!

20160216113824252.jpg


20160216114002ec6.jpg

ドイツ軍モールスキンジャケットです!

元々ミリタリースタイル自体は凄く好きなスタイルではあったのですが、どうしてもシルエットの方で納得出来るものがなく、しっかりとしたつくりであるが故ステッチ等もダブルになっており、お直しするのもお店を選ぶ必要があり、買ったは良いが、結局使わなかった!という事が多々ありました。

そんな中、コチラのジャケットはジャケット代わりに着るには少し大きいものの、コート代わりに着る分には問題ないサイズ感だった為、近所のミリタリーアイテムを扱う雑貨屋さんで、購入しました!

その着用画像がコチラ!


20160125180310704.jpg


アウター:ドイツ軍モールスキンジャケット
ジャケット:L.B.M1911
シャツ:ラングラーウエスタンシャツ

着丈もジャケットが少し除く程度でバランスも良く、コットン素材なので自宅でガンガン洗濯できますし、何より本物のミリタリーアイテムが放つ雰囲気がとても良いです♪

伊達男的にはこういった泥臭いアイテムに白パンを合わせた、白パンミリタリースタイル!なんかがおすすめですね!

20160125180347e3f.jpg

他にもこんな感じドレスダウンしたスーツのアウターとして使うのも有りだと思います!


201601251808247cc.png


201601251804586b3.jpg


20160125180430a43.jpg

ちなみに価格も4000円程度で購入出来ますので、荒天時のアウターとして使うのも有りだと思います!

次回はアルバーノさんに、新たに入荷したペトリロの新作を紹介したいと思います!