03月 « 2017年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

春夏のデ・ペトリロはマリーナモデルが熱い!

2015年 03月04日 22:20 (水)



ブログをご覧の皆さん今晩は!

最近アルバーノさんは連休が多いので(笑)今回は伊達男がアルバーノ営業主任となり、アルバーノに届いた新作をレポートしたいと思います!

正直最近は物欲もめっきりなくなっていたのですが、やっぱりココの新作を見ると物欲が湧いてきます♪


そんな新作の中でもやはり気になったのがコチラ!


201503042126202fd.jpeg


そうです!

伊達男イチオシのジャケットブランド!

GAiOLA改めデ・ペトリロです♪

そのペトリロですが、実は様々なモデルがあり一口にペトリロと言ってもモデルによって雰囲気もガラリと変わります。

そんな様々なモデルがあるなか、この春夏に是非着てもらいたいのがマリーナモデルです!


マリーナモデルを一言で言うと、ナポリモデルに特徴的なのぼりの高さはそのままで、だけど堅苦しくなく、よりカジュアルに着ることが出来るモデルです!

スーツとして着るのであればナポリモデルがオススメですが、遊びで着たいなら断然マリーナモデルがオススメです!

イメージとしてはまさに今月号のレオンさんにも掲載されているような

2015030321364648e.jpg


着流しイタリアンにピッタリの1着と言えます♪


そんな着流しにピッタリなマリーナモデルの着用画像がコチラ!



20150303213646e1e.jpg


ジャケット:デ・ペトリロ マリーナモデル
パンツ:インコテックス

どうでしょうか??


着用画像からものぼりの高さがわかると思いますし、一番最初の画像にあるペトリロさんが着ているジャケットと比べても随分カジュアルな印象を受けませんか?

このバランスの良さがマリーナモデルの魅力ですね♪



他にもアルバーノさんではこんな渋い1着や



20150303213646992.jpg


ジャケットのみならず、スーツで展開している生地もあります♪


20150303213758b7d.jpg


他にもちょっとわかりにくいですが、見た目がパイル地だけどウエイトとハリのある面白い素材のジャケットがあったり

20150303213758a37.jpg


画像にはないのですが、定番のネイビー生地のジャケットも有りました♪


まだ全ての生地が入荷していないので、本音を言えば全部確認してお気に入りの1着を選びたいところですが、それを待っていたら気付いたら売れてしまった!

なんて事になりかねるので、こまめにチェックすることをオススメします!

最後に本日のスタイリングです!



20150303213506b99.jpg


ジャケット:デ・ペトリロ Mモデル

パンツ:ヤコブ688

ストール:ロダ

です!

ジャケットに関してはマリーナのMではない、もう一つのMモデルとでも言っておきましょうか(笑)


気になった方は店頭でこっそり聞いてみて下さい(笑)


ちなみにインナーはこんな感じでした。


20150303213758a72.jpg

ジレ:ジョンシープ
シャツ:フィナモレ セルジオ

すでにショップ等は春夏にシフトしていますが、まだまだ冷え込むので秋冬っぽくスタイリングしてみました!


コチラのジョンシープも購入当初はあまり出番がありませんでしたが、見直ししたことで、今では第一線で活躍してくれてます♪


また機会を見つけてアルバーノへ行きたいと思いますので、新たな新作が入ったらレポートしたいと思います!

コメントの投稿

非公開コメント

2015年03月05日 19:45

スーツ来た状態で座ってる感じの写真とか宜しければいくつか、見てみたいです!

Re: タイトルなし

2015年03月06日 16:54

ステファニーさん、今晩は!

コメントありがとうございます。

座った状態ですか?(^^;

確かに色々な角度で見た方が服の雰囲気って伝わりますしね。

撮れる場所があればそれもやってみたいと思います!

No title

2015年03月07日 01:16

型にはまりすぎ、かつ
ワンパターンで面白味がないのが残念。

ファッションを勘違いされてるのでは?

GUCCI japan で働いてる者です。

Re: No title

2015年03月08日 21:22

cookieさん、今晩は!

コメントありがとうございます。

確かにスタイリングは似たり寄ったりかも知れませんね(^^;

まぁ良く言えば自分のスタイルを貫いていると思って頂ければ幸いです。