05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

下着と言うには勿体ない!ジャケットスタイルを格段に引き立てる、ルジェッロのシャツ!

2016年 02月29日 20:51 (月)


ブログをご覧の皆さん今晩は!

今回はジャケットスタイルを格段に引き立ててくれるシャツブランドを紹介したいと思います!

それがコチラ!

201602270425447cd.jpg


20160227043020c06.jpg


vincenzodiruggiero(ルジェッロ)のシャツです!

国内ではあまり取扱いはないのですが、Vincenzo di Ruggero(ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ)は1920年創業のナポリ最古のシャツファクトリーで、ハンド工程を取り入れながら、心地よいフィッティングを提供してくれるシャツファクトリーです。

多いアイテムではハンド工程が16工程、少ない場合でも5工程がハンド仕上げとなっており、アルバーノさんで取り扱っているのは5工程のタイプだと聞いています。

紙タグを開いてみると、洒落感はありませんが、手作業で行っている感が良く伝わります(笑)

201602291607523fe.jpg

着用した感じはハンド仕上げだから!という訳ではないですが、肩周りのストレスはなく、フワフワした!?着心地を感じます。

201602270423568bb.jpg

勿論生地も良いので着たときのオーラ感!?もハンパありません(笑)

20160227043150fbf.jpg


201602270433065d9.jpg


イタリアではシャツは下着なので、シャツ1枚にはならないとか言われてますが、コチラのシャツは下着と呼ぶには勿体ない仕上がりになっています。

勿論コチラにジャケットを羽織れば

2016022704365452c.jpg

20160227042519755.jpg

20160227043404893.jpg


ジャケット:ガイオラ

ジャケットスタイルを格段に引き立ててくれます♪

以前はカジュアルシャツはフィナモレ!が伊達男の中の定番でしたが、流石にインポートとは言え30000円を超えるのは考えものです。

そんな中このルジェッロはハンド工程が入ってるにも関わらず、フィナモレやバルバと同価格帯であることを考えればこのシャツが、いかに良心的なプライスかが分かると思います!

ちなみにコチラもセール対象となっていますので、サイズがあれば即試し買いをしてみるのも有り!な選択だと思います!

コメントの投稿

非公開コメント

2016年03月08日 13:49

伊達男さんこちらではご無沙汰です。凄く着やすそうなシャツですね。スリムフィットでしょうか?ワタスもシャツで30000円はなかなかですね。セールかあるいは良心的なメーカーでないとなかなかですね。シャツ1でも雰囲気ありそうですね。

Re: タイトルなし

2016年03月10日 22:58

マグさん、今晩は。
ハンドだから!ではないかもしれませんが、着心地、雰囲気ともに他のシャツには出せない雰囲気を持っています。
シャツが、高くなっているからこそ、あえてより良い物を選ぶのも一つの選択肢かもしれませんね!